リースとレンタル

コピー機を始めとするOA機器のリースを考える上で、レンタルという選択もあるのをご存知でしょうか。リースとレンタルは混同されることが多いので、注意しましょう。リースとレンタルは借りるということでは同じなのですが、そのシステムはかなり違います。まず、契約期間の長さはリースは一般的に5年(この間、解約不可能)、レンタルは2年で中途解約は内容により可能です。

そして、リースは新品の好きな機種を選べますが、レンタルはレンタル会社が選ぶ中古になります。さらに、リースは初期費用0ですが、レンタルは初期費用が掛かりますし、撤去する際も費用が掛かるのです。仮にクレーンで撤去となるとかなり高額でしょう。そして、更なる違いは会社の違いです。リースはリース会社、レンタルはレンタル会社となります。

このような違いを見ますと、コピー機を始めとしたOA機器等は長く使うでしょうから、初期費用も撤去費用も掛からない、新品で会社に合った機種を選べると言う長所のあるリースを選択した方が良いかもしれません。それでも判断に迷われた時は、オフィスのトータルコンサルティングの会社(インターネットで検索してみましょう。)もありますから、こういった会社に相談されると良いでしょう。