OA機器のリース

コピー機も含むOA機器のリースを導入する会社は多くあります。OA機器のリースを導入する理由は何でしょうか。まず、コピー機等のOA機器のリース料金は、経費扱いにできるのです。その上に、固定料金ですから、毎月かかる金額がわかりやすいでしょう。そして、所有権はリース会社にありますから、減価償却の手続きはいりませんし、固定資産税の対象にもなりませんから、事務処理上も助かるのです。それに、月々の支払は大きな金額ではないので、その分を会社の運営に回せますし、初期費用においては掛かりませんから、立ち上げたばかりの会社であれば助かるでしょう。さらに、銀行の借り入れに比べ、審査も簡略化されていますから、申し込みもしやすいです。

しかし、中途解約ができない、所有権がないため、期限が切れたら回収されてしまう(リース手続きの延長を忘れてしまった場合など)。支払総額は購入額よりも高額になる、審査に通らないとリース契約が出来ない、中古品はリース出来ないという注意点もありますので、このようなことを考慮した上で、リースを決めると良いでしょう

当サイトはOA機器のリースについての情報を皆様に分かりやすくお伝えいたします。コピー機のリースについて、リースとレンタルの違いについてもご説明致しますので、ご参考になさってください。皆様がOA機器のリースについて、いち早くご理解頂けるように皆様の側に立ったお役に立てるような説明を心掛けますので、ご一読頂ければ、幸いです。皆様の事業のますますのご発展を願います。