リースとレンタル

コピー機を始めとするOA機器のリースを考える上で、レンタルという選択もあるのをご存知でしょうか。リースとレンタルは混同されることが多いので、注意しましょう。リースとレンタルは借りるということでは同じなのですが、そのシステムはかなり違います。まず、契約期間の長さはリースは一般的に5年(この間、解約不可能)、レンタルは2年で中途解約は内容により可能です。

そして、リースは新品の好きな機種を選べますが、レンタルはレンタル会社が選ぶ中古になります。さらに、リースは初期費用0ですが、レンタルは初期費用が掛かりますし、撤去する際も費用が掛かるのです。仮にクレーンで撤去となるとかなり高額でしょう。そして、更なる違いは会社の違いです。リースはリース会社、レンタルはレンタル会社となります。

このような違いを見ますと、コピー機を始めとしたOA機器等は長く使うでしょうから、初期費用も撤去費用も掛からない、新品で会社に合った機種を選べると言う長所のあるリースを選択した方が良いかもしれません。それでも判断に迷われた時は、オフィスのトータルコンサルティングの会社(インターネットで検索してみましょう。)もありますから、こういった会社に相談されると良いでしょう。

コピー機のリース

OA機器のリースにおいて、特にコピー機のリースは重要です。どのようなことを観点に、リースをしたらよいか、よく考えてみましょう。インターネットを検索しますと、コピー機を始めとするOA機器のリースのサイトが沢山出て来ます。中でもコピー機を始めとするOA機器のリースのスピード見積りが出来るサイトもありますから、こういったところを利用してみても良いでしょう。

また、このような見積もりは複数の会社で取って、比較してみるのもお勧めです。その他にも、フリーダイヤルでの相談を受け付けているサイトもありますから、こういったところも利用価値があります。困った点、迷っている点等を話して、一般的な意見を聞いてみましょう。

コピー機については、かかる料金だけでなく、会社に合ったものかどうか、ニーズが満たされるものかどうかで決めましょう。また、最近のコピー機の相場を知った上で、会社の月刊印刷枚数なども念頭に置くと良い決め手になるでしょうし、おつきあいのある信頼できる業者がいれば、そういった人からアドバイスをもらって決めると言うのも良いでしょう。

このような信頼の厚い業者ですと、コピー機を始めとするOA機器のリース以外でも、相談に乗ってくれることがあるかもしれませんから、大切な存在です。人間同士のこうした深いつながりはネット社会の現在だからこそ大事にしましょう。

OA機器のリース

コピー機も含むOA機器のリースを導入する会社は多くあります。OA機器のリースを導入する理由は何でしょうか。まず、コピー機等のOA機器のリース料金は、経費扱いにできるのです。その上に、固定料金ですから、毎月かかる金額がわかりやすいでしょう。そして、所有権はリース会社にありますから、減価償却の手続きはいりませんし、固定資産税の対象にもなりませんから、事務処理上も助かるのです。それに、月々の支払は大きな金額ではないので、その分を会社の運営に回せますし、初期費用においては掛かりませんから、立ち上げたばかりの会社であれば助かるでしょう。さらに、銀行の借り入れに比べ、審査も簡略化されていますから、申し込みもしやすいです。

しかし、中途解約ができない、所有権がないため、期限が切れたら回収されてしまう(リース手続きの延長を忘れてしまった場合など)。支払総額は購入額よりも高額になる、審査に通らないとリース契約が出来ない、中古品はリース出来ないという注意点もありますので、このようなことを考慮した上で、リースを決めると良いでしょう

当サイトはOA機器のリースについての情報を皆様に分かりやすくお伝えいたします。コピー機のリースについて、リースとレンタルの違いについてもご説明致しますので、ご参考になさってください。皆様がOA機器のリースについて、いち早くご理解頂けるように皆様の側に立ったお役に立てるような説明を心掛けますので、ご一読頂ければ、幸いです。皆様の事業のますますのご発展を願います。